月別アーカイブ: 2015年10月

リノベーションページに新しい建築家が増えました!

イニシャルが泣き顔(T.T)の田尻です。

アーキプロジェクトオフィシャルサイトのリノベーションページに新しい建築家が増えました。新しく加わっていただいたのは、横浜・桜木町の近くに事務所を構えている設計事務所・BUILTLOGIC石黒さんです。

BUILTLOGIC石黒さんは木の家が大好きな建築家7人で構成された「KINOIE SEVEN」のメンバーになられていることからも分かるように自然素材を大切に設計をされる建築家です。

先日のブログにも書きましたが、駒沢大学駅徒歩圏で手がけられた物件も無垢の木がふんだんに取り入れられた木のぬくもりを感じられる家に仕上がっていました。

自然素材を取り入れた住まいを建てたいとお考えの方にはオススメの建築家です。
ちょっとお話を聞いてみたい、これまでの手がけた事例を見てみたい、という方はぜひお気軽にお問合せ下さい!

なお、オフィシャルサイトには作業の都合で1事例のみの掲載となっていますが、準備が整い次第、他の事例も順次公開しますので楽しみにお待ちくださいね。

~アーキリノベーションTOP~
http://www.archproject.co.jp/arch_renovation/

建築家の家を見学してきました!

建築家の家オープンハウス (2)建築家の家オープンハウス (4)
イニシャルが泣き顔(T.T)の田尻です。

今日は設計事務所・BUILTLOGICさんが設計した東急田園都市線「駒沢大学」駅から徒歩10分のところにある注文住宅のオープンハウスに行ってきました。

BUILTLOGIC代表の建築家・石黒さんは自然素材を大切に設計をされる方で、今回の物件も自然素材が随所に取り入れられたぬくもりを感じる住まいでした。

この敷地は北側が道路で南側は隣地の建物が接近しています。なのであえて北側にウッドデッキとつながるリビングスペースを持ってきて、南側にキッチンという配置で計画されていました。そのキッチンの上部は吹き抜けになっており、上からの光を取り入れることで明るさも十分確保された空間になっていました。

建築家が建てる家には決まりきったカタチ・デザインがないので、物件ごとにまったく違っていて本当に面白いですね。

またご覧いただける機会があればご案内させて頂きますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。匠(たくみ)のお話を聞いてみるだけでも楽しいですよ。
(T.T)
建築家の家オープンハウス (1)建築家の家オープンハウス (3)
~アーキプロジェクトでは建築家との家づくり・リノベーションの無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

青葉区たまプラーザ 新築プロジェクト⑥

IMG_3998IMG_4006IMG_4008IMG_4009

こんばんは
最近は秋晴れの気持ちのいい日が続いていますね。

さて先日、青葉区の新築プロジェクトが無事に上棟しました!
気持ちのいい秋晴れの中、今後工事の安全を祈願して上棟式を行いました。
大工さんを先頭に四方をお清めして回る時は気持ちが引き締まりますね。

前回のブログでも紹介しましたが、こちらのお宅は2階からビューが最高です!
お施主様も2階のリビング・バルコニーからの眺めに感激されていました。
家づくりを楽しんで頂いてるとのお言葉も頂き、とても嬉しく思いました。

大きな吹き抜けを取っているリビングもボリュームのある空間になっていてとても気持ちがよく、そこに配置した三角サッシもデザイン的にも効いていて外観の特徴にもなっています。
ここからは親子の大工さんにバトンタッチして現場は進んでいきます、12月の竣工が今から楽しみです。   〈To-yama〉

建築家の家を見学するチャンス!オープンハウスのお知らせ

アーキプロジェクトがこれから一緒にお仕事をさせて頂く設計事務所・BUILTLOGICさんが設計した個人住宅のオープンハウスが3連休の最終日10/12(祝)に開催されます。

場所は東急田園都市線「駒沢大学」駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街。ご夫婦と将来的にお母さんとの同居を想定した間取りです。外部はガルバリウム鋼板の角波と杉材で表現し、内部は「から松」の無垢材で床を仕上げて、「杉」の無垢材や「ローラー漆喰」の壁など、自然素材でまとめられています。

建築家が建てた家を実際に見ることができるチャンスは限られていますので、ご興味がある方はぜひお問合せください!

日時:2015年10月12日(祝)11:00-17:00
場所:東京都目黒区
交通:東急田園都市線「駒沢大学」より10分程度
設計:BUILTLOGIC 石黒隆康・有馬恭子
施工:安池建設工業・藤田雅之
用途:個人住宅
構造:木造在来工法
規模:2階建+ロフト
敷地:94.88㎡(28.70坪)
面積:94.03㎡(28.44坪)※ロフト含まず
※現場の風景はこちらをご参照ください。⇒1012 オープンハウス

土地を探して注文住宅を建てるときの注意点~住宅ローン編~

海老名土地

イニシャルが泣き顔(T.T)の田尻です。

アーキプロジェクトでは建築家との家づくりを主にお手伝いさせて頂いているので、土地を購入して建築家デザインの注文住宅など建てたいというお話をよく頂きます。

この場合に住宅ローンの面で気をつけることがいくつかあるのでご紹介しておきます。

まずひとつ目は土地探しと並行して金融機関の選定も進めていったほうが良い、ということです。

住宅ローンは物件が決まってからと思われている方も多いかもしれませんが、土地の購入を決めてから住宅ローンを利用する金融機関を決定するまでの期間は意外と短かったりします。そうすると利用したかった金融機関が期間の制約で利用できなかったりということがあるのです。

ふたつ目ですが、住宅ローンは住宅部分に対しての融資ですので、金融機関は土地のみへの融資はしてくれません。じゃあ土地はどうやって買えばいいの?というと計画している建物の図面と見積りを土地の資料と一緒に金融機関に提出して土地建物一体で審査をしてもらうことになります。

でも建物図面と言ってもまだ間取りとか決まってないし・・・という方でも心配はいりません。土地購入時に間取りが確定している人はあまりいませんので、金融機関もそれは百も承知です。あくまでも住宅ローンの審査用として提出して間取りが変わった場合は計画変更の手続きをすれば大丈夫です。(細かい注意点はありますが。)

ちょっと簡単に書きましたが、上記のことを進めていくにはやはりある程度はどんな建物にするのかを考えておく必要があります。ですので、土地探しと並行して施工会社に関しても検討を進め、自分たちが希望する建物を建てるのに要する費用や広さなどのめぼしはつけておいたほうが良いと思います。

補足ですが、金融機関によっては室内の間仕切りレベルであれば変更可能だけど外観の形状の変更は不可などと厳しい注文をつけてくるところもあります。また、土地はA銀行で借りて、建物はB銀行で借りるという都合の良いこともできませんのでご注意ください。

このように土地を買って注文住宅を建てるということは手続き上は色々と煩雑なところがあります。

アーキプロジェクトでは土地探しや注文住宅、リノベーションはもちろん、それに付随する住宅ローンなどの煩雑な手続きもお手伝いしておりますので、何かあればお気軽にご相談下さい。
(T.T)

~アーキプロジェクトでは不動産・住宅ローンの無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/