カテゴリー別アーカイブ: 未分類

HPに新しい家づくりのパートナーが加わりました。


こんにちは。代表の田尻です。
アーキプロジェクトのHPに新しい家づくりのパートナーが加わりました。

木の家づくりを得意とするマツザワ設計の松澤静男さん・松澤有紗さんです。
ぜひ家づくりに参考にご覧下さい。
https://www.archproject.co.jp/partner/matsuzawa/
(T.T)

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

新年明けましておめでとうございます。


新年明けましておめでとうございます。
アーキプロジェクトは本日より営業致します。

昨年末はかなり立て込んでおりましたが、その続きで年始も3日から電話が入ったり、4日には役所に行く用事ができたりと何だかんだで動いておりましたが、本格的には本日からとなります。今年も皆様に良いお住まい環境をご提供できますよう猪突猛進して参りたいと思っております。

本年も引き続きアーキプロジェクトをよろしくお願い致します。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

本年もありがとうございました。

こんにちは。代表の田尻です。

早いもので2018年も終わりですね。今年も皆様のおかげで何とか無事に営業を終えることができました。アーキプロジェクトが宅建業の免許を取得してから今年で丸5年が経ち、免許番号も(2)になりました。本当にありがとうございました。

来年は平成最後の年。不動産業界に関連するニュースとしては消費税の増税などが控えておりますが、どのような年になるのでしょうか。いずれにしましてもアーキプロジェクトとしてはこれまで同様にご新居を検討されている方のお役に立てますよう、日々精進するのみです。

来年も引き続きアーキプロジェクトをよろしくお願い致します。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

住宅ローン減税で減税しすぎ


こんにちは。代表の田尻です。

先日のヤフーニュースに「住宅ローン減税で減税しすぎ」という記事が出ていました。住宅ローン減税の誤まった申告を税務署が見落とした結果、税金を控除されすぎた方が2013~16年の4年間で約1万4500人いるということです。

申告ミスで多かったのが、住宅取得資金の贈与の特例を受けたケースのようです。住宅取得資金の贈与の特例というのは、親から住宅取得を目的とした資金の贈与を受けた場合に一定額までは非課税となる制度なのですが、住宅ローンの借入金額とこの贈与額の合計が購入した物件価格を超える場合、物件価格を超過した部分については住宅ローン控除の対象外になってしまうのです。

住宅購入の際は物件本体以外にも色々な諸費用がかかってくるので、分かりづらいところはありますが、住宅取得資金の贈与の特例や住宅ローン控除はあくまでも居住用の住宅部分にのみ適用されるということを覚えておくと良いと思います。

それにしても税務署側でこれだけの数を見落とすようなら、もっと分かりやすい税制にすれば良いのに・・・と思ってしまいます。何とかならないものでしょうかね。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

固定資産税の課税対象面積


こんにちは。代表の田尻です。

土地面積は登記簿上の面積と実測面積に差があることがあります。固定資産税は登記簿の面積で判断されるので、登記簿上の面積と実測面積の差がそこそこ大きい場合は余計に税金を納めることになってしまう場合があります。

このような場合には役所の固定資産税課など担当窓口に相談すれば、実測面積での課税にしてもらえる可能性があります。もちろん土地家屋調査士などの資格を持った方に測ってもらった実測図でなければ役所も受けてくれないでしょうが、ちゃんと根拠のある図面を持ち込めば応じてくれることもあるようです。

固定資産税は毎年かかってくるものですので、少しの差でも長い目で見ると大きな金額になってくると思います。気になる方はぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/