作成者別アーカイブ: archproject

「建築家と作る家@中古住宅/選び方からリノベまで」

横浜を拠点に活動する2名の建築家さんとコラボしたイベント、第3弾です。

ここ数年、中古住宅を購入して、リノベーションをする方が増えてきています。
でも、中古住宅はどのように選べば良いのか心配ですよね。

そこで、今回は中古住宅を選ぶ時の注意点や中古住宅を素敵なお住まいに蘇らせるリノベーション(リフォーム)のポイントなどをテーマとした相談会を開催します。

これから中古物件の購入をお考えの方から、ご自宅の改修をお考えの方まで、お気軽にご相談下さい。

【よくある相談内容】
・中古住宅を選ぶ時に注意することは?
・リノベーション(リフォーム)費用もローンは使えるの?
・土地を購入して注文住宅を建築するのと比べてどっちが良い?
・全体の予算はどのくらいで考えたらよいの?  など

■ 日 時 : 2022年9月11日(日) ①13:30〜 / ②15:30〜 / ③17:30〜(各回限定一組)
■会 場 : 家づくりの会 市ヶ谷ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ  
■ 参 加 :BUILTLOGIC・石黒隆康/ 小野育代設計事務所・小野育代/アーキプロジェクト・田尻竜也
■ 参加費 : 無料
■ 特 典 : KINOIESEVENの書籍「木の家を楽しむ〜居心地の良い時、暮らしを紡ぐ〜」をプレゼントします。
■ 申込先 : NPO法人家づくりの会

個別相談ご希望の方は、 コチラ info@npo-iezukurinokai.jp へ、
お名前/年齢/参加人数/相談希望時間帯/当日のご連絡先を添えてお申込みください。

接道義務


こんにちは。代表の田尻です。

建物を建てる際に接道義務というものがあります。建築基準法上の道路に敷地が2m以上接していないといけないというルールでお客様でもご存じの方は多いです。

今回はその接道義務に関する実際にあった怖いお話です。

先月、神奈川県某市の中古戸建の売却依頼を頂きました。以前に土地の購入やマンションの売却のお手伝いをさせて頂いたことがあるお客様で今回が3度目のご依頼でした。

売却依頼を頂いた中古戸建は間口2mの旗竿地でしたので、2m確保されているかどうかが一番のポイントとなる物件でした。

まずは私が現地でメジャーをあてて確認したところ、2mを切っている箇所がありそうに見えました。とはいえ、購入当時は某大手仲介業者の仲介で購入されていたので、まさか間口2mが確保できていない土地を販売するはずがないと思いつつ、改めて土地家屋調査士に調査を依頼しました。

その結果、間口が2mない土地ということが判明しました。間口2mというのは、接している道路から奥の宅地部分までずっと2mが確保されていなければならず、1カ所でも2mを切っているとNGとなります。道路と接する部分だけ2mではNGです。

今回の土地は通路部分が途中で曲がっている旗竿地なので、分かりづらいところがあったのかもしれませんが、一番大事な部分ですから、なんで確認せずに売ってしまったのだろうと思ってしまいました。

接道ができていないと建築ができなくなってしまいますので、一番と言っても良いくらい大事なポイントです。もし間口が狭い物件を検討される際はご注意下さい。

住宅ローンの話

こんにちは。代表の田尻です。

仕事をしている中で住宅ローンの審査のお手伝いをすることがよくあります。住宅ローンの審査は人的評価(年齢や収入、お勤め先、勤続年数など)と物件評価(購入予定の物件)のどちらも対象となるのですが、今回は物件評価のお話です。

物件評価の仕方も金融機関によってまちまちです。例えば容積率が法令上の基準を満たしていない場合、過去の経緯によっては違法建築物となるので、その物件には融資してくれない金融機関もあれば、ある程度の違反であれば許容してくれる金融機関もあります。

金融機関によって差がでるのは仕方のないことですが、今日お話したいのは、多くの金融機関が敬遠するような物件は購入しない方が良いのでは?ということです。

気に入った物件が見つかったら、欲しくなるのが人情ですから、どこかの金融機関で住宅ローンの審査が通れば、そのまま購入する方もいらっしゃると思いますが、住宅ローンの審査基準は時間の経過とともに変わりますので、将来、売ろうとしたときに、どの金融機関も貸してくれないような物件だったとすると、とても売りづらい物件になってしまいます。

住宅ローンの選定も不動産会社におまかせという方も多いので、そもそも不動産会社の営業担当がそこまで教えてくれるかどうかといった問題は残りますが、もし住宅ローンを貸してくれる先が限定されるような物件を検討される場合は、将来的なことも含めてお考え頂いた方が安全だと思います。

直近で仕事をしている中で、そんな物件を目にしたものですから、ブログで取り上げてみました。お住まい探しをされている方はくれぐれもご注意下さい。

家づくりのパートナー紹介ページを更新しました。

こんにちは。代表の田尻です。

家づくりのパートナー紹介ページを更新しました。新しく加わって頂いたのは佐賀高橋設計室の高橋正彦さんです。

https://www.archproject.co.jp/partner/takahashi/

住宅や店舗の設計を手掛けておられる湘南の設計事務所さんで、コストを抑えつつ、素敵な空間づくりのご提案をされています。

ぜひ今後のお住まいづくりのご参考にご覧頂ければと思います。

なお、事例の中にはごはん屋さんやカフェの事例もありますので、ご興味がある方は食べに行ってみるとご参考になるかもしれませんよ。

設立記念日

こんにちは。代表の田尻です。

今日は会社の10周年の設立記念日でした。今週ずっと立て込んでいて完全に忘れていましたが、銀行からメールが流れてきて気づきました。

法人設立から5年で半分は廃業されると聞きます。そんな中で生き延びることができた事には感謝しかありません。さらに10年後も生き残っていられるよう、日々、努力を続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。