作成者別アーカイブ: archproject

人手が多いですね。

こんにちは。代表の田尻です。

昨日は大宮で仕事があったので、久しぶりに電車に乗りました。土曜日だったこともあってか電車は思ったほど混んではおらず、座ることもできるくらいでした。

打合せが終わってお昼過ぎに大宮駅に着くと駅周辺はすごい人混みでした。お昼を食べたいな…と思ったのですが、駅付近はどの店も結構人が入っていて密な感じになっていたので、少し外れたあまり人が入っていないお店でさっと済ませました。

私は既往症があるので、コロナには結構ビビっているのですが、慣れてしまってあまり気にしていない人も多いのでしょうね。感染が広まっているのが分かる気がしました。

この暑さでマスクは辛いですし、本当に早く収まってほしいものですね。

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

鎌倉市オープンハウス

こんにちは。代表の田尻です。

今日は一緒にお仕事をさせて頂いている一級建築士事務所 Bois設計室(ボワ セッケイシツ)藤田 敦子さんが設計された新築注文住宅のオープンハウスにお邪魔してきました。

弊社にて土地購入のお手伝いをさせて頂いた案件です。土地購入当時は敷地いっぱいに古家が建っていて圧迫感のある印象でしたが、新しいお住まいに建て替わってすっきりしており、特にお庭は鎌倉らしい風情を感じることのできるスペースに生まれ変わっておりました。

室内の随所からお庭を望むことができ、お休みの日には忙しい日常を忘れてホッとできそうなご新居だな~とうらやましくなりました。お施主様のご了承が得られれば、ホームページの事例にも掲載させて頂こうと思います。

設計/一級建築士事務所 Bois設計室(ボワ セッケイシツ)藤田 敦子

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

設立記念日

こんにちは。代表の田尻です。

昨日7/2はアーキプロジェクトの設立記念日でした。すっかり忘れておりましたが、銀行からの連絡で気づきました。この7月から10期目に入ります。

立ち上げ当初はこんなに続けていられるとは思っておりませんでしたが、皆さまの支えの中で何とか生き残れております。本当に感謝しかありません。

これからもお声がけ頂ける皆さまのご期待にお応えできるよう日々努力を重ねていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

事務所移転して早一年

こんにちは。代表の田尻です。

昨年6月に青葉台から三ツ境に事務所を移転してから早一年が経ちました。昨年の4~5月にかけて初めての緊急事態宣言でお客様に動きがぱったり止まった時期があり、その時はどうなることかと思いましたが、緊急事態宣言が明けてからは動きは徐々に戻り、その後は今日まで例年よりも忙しく仕事をしていた気がします。

新事務所はせっかく路面店にしたにも関わらず、目立つ看板すら出しておらず、通りがかりの方からは何屋か全く分からない状態のままです。何とかしないとな・・・とたまに思うのですが、なかなか手が回っておりません。

今のままでも何も支障はないのですが、初めて事務所にお越しになられるお客様から見ると少し怪しい感じに見えてしまうかもしれないので、仕事が少し落ち着いたら、もう少し店舗っぽくしてみたいと思います。

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

事故物件

こんにちは。代表の田尻です。

先日、国土交通省が事故物件の告知に関するガイドライン(案)を発表しました。

事故物件の告知に関しては、頭を悩ませている宅建業者も多いのではないでしょうか。自死や殺人などは分かりやすいですが、病死や老衰は業者によって見方が違います。また、いつまで遡らないといけないのか、といった問題も出てきます。

人によって捉え方が様々だと思いますので、告知事項に該当するかも…と思ったことは、弊社では全てお伝えするようにしてきましたが、業者によって判断はバラバラです。

今回のガイドライン(案)では、 発見が遅れた場合など例外はあるようですが、 病死や老衰に関しては、告知義務はないとなっています。 全て網羅するのは難しいでしょうが、一定のルールができると多少は判断もしやすくなるのでありがたいですね。

ちなみに事故物件の告知が問題となった裁判はいくつもあるようですが、賃貸物件の判例は個人的には腑に落ちないものも多いです。例えば自死等が発生した賃貸物件にその後第三者の賃借人が居住した場合は、その事件が希薄化するため告知義務はないという判例があるようですが、私だったら借りた後にその事実を知ったら気分は悪いと思います。こちらからしっかりと確認を求めるしかないのでしょうね。

~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/