契約不適合責任

こんにちは。代表の田尻です。

今日は午後から加盟する全日本不動産協会の研修に参加していました。テーマは「契約不適合責任における特約の実例」ということで実際にあった裁判の判例などを元に契約書類への記載の仕方などについてレクチャーがありました。その中で個人的に驚いた事例があったのでご紹介します。

中古マンションを購入した買主が、売主(宅建業者)に対し、法令不適合(容積率超過)等の瑕疵が存すると主張して契約解除を求めた裁判で、裁判所が買主の居住目的を阻害するものとまではいえない(契約目的を達せられない瑕疵とは認められない)として、買主の請求を棄却したのだそうです。

実務をやっていると、中古物件の場合は、その物件が法令に適合しているか否かというのは、判断が難しいというのはよく分かりますが、中古マンションの容積オーバーであれば発見できるレベルだったのではないかな、と思ってしまいました。それを説明していなくても宅建業者側が勝てるのだな、というのはちょっと驚きでした。

契約した目的というのは、裁判でもとても重要な要素になるようです。不動産を購入される際は、依頼される不動産業者に購入する目的をしっかりとお伝え頂いた上で物件を探してもらうようにして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です