カテゴリー別アーカイブ: 建築

旗竿地(敷地延長)のメリットデメリット


こんにちは。代表の田尻です。

上図のように敷地の一部が通路状になっている土地を旗竿地(敷地延長)と言います。一般的に道路に面している距離が長い方が土地の価値は高くなるので、敷地Aと敷地Bでは敷地Bの方が価格は高くなります。

敷地Aのような旗竿地は、通路で奥に入ったところに建物を建てますので、周りが隣地の建物で囲まれている感じになってしまう土地が多いのは確かです。また、通路の幅が2mしかない場合ですと車を止めると人が行き来しづらくなってしまうので、そのあたりも敬遠される理由のひとつです。

ですが、旗竿地だからといって、それだけで選択肢に入れないのはもったいないと思います。というのも、旗竿地でも隣地に建物がなかったり、建物との距離が離れていることで想像しているよりも開放感が感じられることはよくあるからです。

実は私の自宅も旗竿地なのですが、玄関から道路まで距離があるので、子供が一人で出てしまっても安心だったり、道路を行き来する人から室内が丸見えにならないといったメリットもあります。私の自宅は通路部分が2.7mですが、車を寄せて止めればベビーカーでも十分行き来できます。最近分譲されている土地の場合は通路部分が最低でも2.5mは確保されている土地が多いので、有効幅でそれだけ確保されていれば駐車して人が行き来する分には問題ないと思います。(できればもう少しゆとりがある方がベターですが・・・)

ちなみに弊社のお客様はご自宅を建てるための土地をお探しの方が多いので、あまり気にされることはないのですが、旗竿地の場合、自治体によって条例で集合住宅等の建築が制限されることがあります。横浜市の場合は横浜市建築基準条例の中で通路幅が4m以上でない場合は床面積は100平米以下に制限されています。建築用途によっても土地のチェックポイントは変わりますので覚えておいて下さいね。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

鎌倉の平屋建て|建築家デザイン住宅


こんにちは。代表の田尻です。

今日は懇意にして頂いている建築家・H2DO一級建築士事務所の久保和樹さんが設計したお宅を拝見してきました。もうお施主様がお住まいでしたが、竣工写真の撮影をするということで図々しく便乗させて頂きました。

建築地は鎌倉市の周りが自然に囲まれたかなりゆとりのある敷地です。写真の通り敷地の周りには木々が生い茂っています。敷地が広大なので、建物は贅沢に平屋建てです。

敷地に対して建物をL型に配置することで隣地からの視線を遮り、山に向かって大開口を設けることで、LDKから庭に向かって広々としたプライベート空間が広がっていました。L型の1辺がLDK、もう1辺に居室が配置されています。その居室に向かう廊下はかなり長くキャッチボールでもできそうな廊下でした。

大開口の建物を支えるのが上写真の梁です。こんなに太くて長い梁は初めてみました。建築地までの途中は道が細いところもあるので、搬入が大変だったようです。

鎌倉市は開発や風致地区など制約が多い地域ですので、設計や施工途中は大変なことも色々とあったようですが、それを乗り越えてとても素敵なお住まいが完成していました。今日もとても面白いお住まいを拝見させて頂きました。

ところで話は全く変わりますが、今日撮影をされていた写真家の新良太さんからお聞きしたのですが、弊社が横浜市青葉区にあることを話すと「もしかしてガンダム好きですか?」と聞かれました。「???」意味が分からずに聞き返すとガンダムにア・バオア・クーという宇宙要塞が出てくるようで、実際に新さんの知り合いでガンダム好きの方が青葉区に住んでおられるそうです。確かに響きは似ていますが・・・
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

二世帯住宅-完成内覧会


こんにちは。代表の田尻です。

今日は午後のアポイントが延期になってしまったため、YODAアーキテクツ余田正徳さん設計の完成内覧会に行ってきました。都内の限られた敷地の中に二世帯住宅の計画ということで設計も難しかったのでは?と思いましたが、1階は家族全員で利用できる広々としたスタディルーム、2・3階はそれぞれの世帯の居住スペースを空間をフルに生かして建てておられました。

土地が変形地で東西に長い敷地のため、斜線制限が建物全体にかかってしまいますが、そのような厳しい建築制限がある土地ほど建築家さんに依頼する価値は大きくなると思います。今日拝見したお宅も収納と兼用になった階段や斜線制限に合わせて造作された建具、都内とは思えない緑を眺めながら入れる浴室など見どころがいっぱいでした。

建築家さんの設計された住宅はたくさん見ておりますが、敷地の広さが限られている案件は狭いがゆえに色々な割り切りやアイデアが詰め込まれているので、とても参考になります。今日もとても面白いお住まいを拝見させて頂きました。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

市街化調整区域での建築2


こんにちは。代表の田尻です。
昨日のブログで市街化調整区域での建築について取り上げましたが、今日はその続きです。

昨日のブログにも書いた通り、市街化調整区域は「市街化を抑制する区域」のため、市街化調整区域内で建物を建てるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。その要件のひとつに「建築物の連たんに関する基準」というものがあります。

「連たん」というのは、区画をまたいで建築物等がつながっていることを指します。横浜市では、市街化調整区域内で建物を建てるための要件を複数の提案基準というかたちでルール化しています。そして、その提案基準に含まれる要件のひとつに立地基準として「建築物の連たんに関する基準」が定められています。

「連たんに関する立地基準」では、建築しようとしている敷地を含む半径100メートルの円内に「おおむね50以上の建築物」があること、もしくは隣の建物との間が50メートル以内で「50以上の建築物」が連たんしていることのどちらかに該当していれば良いことになっています。

「連たんに関する立地基準」を確認する作業は航空写真などを見ながら地道に建物の数を数えていくだけなので、とても地味な作業ですが、この基準をクリアーするかしないかで建築できるか否かが決まる場合もあるわけですから、とても大事な作業です。

私もつい先日、ご相談を受けている横浜市戸塚区の案件が市街化調整区域内にあったので、連たん基準をクリアーしているか地道に数を数えました。幸いにして50はゆうに超えていたので、建築できることが分かりました。

ちなみに提案基準の種類によって建築する敷地条件や建物用途等が異なります。例えば共同住宅を建てたいと思っていても、提案基準によっては用途が一戸建ての住宅に限られていて、共同住宅は建てられない場合もあります。市街化調整区域内の物件を検討される際はご注意下さい。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

市街化調整区域での建築


こんにちは。代表の田尻です。

都市計画法によって市街化区域と市街化調整区域という区域が指定されています。市街化区域とは「既成市街地およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」で市街化調整区域とは「市街化を抑制する区域」となります。

市街化区域は市街化を図る区域ですので、建物を建てることに特に制限はされないわけですが、市街化調整区域では市街化を抑制しようとしているわけですから建物を建てるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。

例えば、その土地が市街化調整区域となる前から農地転用の許可を取って建物が建っていることや固定資産税課税台帳の現況地目が「宅地」となっていることなど、いくつかの要件を満たすことで建物を建てることができるようになります。

横浜駅周辺などの中心地は市街化区域ですが、アーキプロジェクトのある青葉区にも市街化調整区域はありますし、横浜市内であっても泉区や瀬谷区などなど市街化調整区域はたくさん点在しています。市街化調整区域の場合は、現状建物が建っている土地であったとしても、そこに当たり前に建物を建てることができるわけではありませんのでご注意下さい。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/