カテゴリー別アーカイブ: 建築

市街化調整区域での建築2


こんにちは。代表の田尻です。
昨日のブログで市街化調整区域での建築について取り上げましたが、今日はその続きです。

昨日のブログにも書いた通り、市街化調整区域は「市街化を抑制する区域」のため、市街化調整区域内で建物を建てるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。その要件のひとつに「建築物の連たんに関する基準」というものがあります。

「連たん」というのは、区画をまたいで建築物等がつながっていることを指します。横浜市では、市街化調整区域内で建物を建てるための要件を複数の提案基準というかたちでルール化しています。そして、その提案基準に含まれる要件のひとつに立地基準として「建築物の連たんに関する基準」が定められています。

「連たんに関する立地基準」では、建築しようとしている敷地を含む半径100メートルの円内に「おおむね50以上の建築物」があること、もしくは隣の建物との間が50メートル以内で「50以上の建築物」が連たんしていることのどちらかに該当していれば良いことになっています。

「連たんに関する立地基準」を確認する作業は航空写真などを見ながら地道に建物の数を数えていくだけなので、とても地味な作業ですが、この基準をクリアーするかしないかで建築できるか否かが決まる場合もあるわけですから、とても大事な作業です。

私もつい先日、ご相談を受けている横浜市戸塚区の案件が市街化調整区域内にあったので、連たん基準をクリアーしているか地道に数を数えました。幸いにして50はゆうに超えていたので、建築できることが分かりました。

ちなみに提案基準の種類によって建築する敷地条件や建物用途等が異なります。例えば共同住宅を建てたいと思っていても、提案基準によっては用途が一戸建ての住宅に限られていて、共同住宅は建てられない場合もあります。市街化調整区域内の物件を検討される際はご注意下さい。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

市街化調整区域での建築


こんにちは。代表の田尻です。

都市計画法によって市街化区域と市街化調整区域という区域が指定されています。市街化区域とは「既成市街地およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」で市街化調整区域とは「市街化を抑制する区域」となります。

市街化区域は市街化を図る区域ですので、建物を建てることに特に制限はされないわけですが、市街化調整区域では市街化を抑制しようとしているわけですから建物を建てるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。

例えば、その土地が市街化調整区域となる前から農地転用の許可を取って建物が建っていることや固定資産税課税台帳の現況地目が「宅地」となっていることなど、いくつかの要件を満たすことで建物を建てることができるようになります。

横浜駅周辺などの中心地は市街化区域ですが、アーキプロジェクトのある青葉区にも市街化調整区域はありますし、横浜市内であっても泉区や瀬谷区などなど市街化調整区域はたくさん点在しています。市街化調整区域の場合は、現状建物が建っている土地であったとしても、そこに当たり前に建物を建てることができるわけではありませんのでご注意下さい。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

土地探しの始めるときの注意点


こんにちは。代表の田尻です。

今日は青葉区の工務店、木匠工務店さんで土地探しのお客様とお打合せがありました。私は初めて土地探しを検討されているお客様とお会いした際は、土地を探す立地条件などはもちろんですが、全体の資金計画や住宅ローンのお話、不動産購入の一連の流れをお話するようにしています。

全体の資金計画を押さえていないと後になって思ったよりも総額が高くなって困る、という話になりかねないですし、住宅ローンのこともしっかりと考えておかないと住宅ローンの組み方によって、かかる諸費用、返済総額は増減します。

また、資金計画を立てるためには当然土地、建物の予算も決める必要が出てきます。土地は予算が組みやすいですが、建物の予算は依頼先によって異なります。どんな建物を建てたいのかをしっかりと考えておかないと土地を購入してからでは手遅れになってしまいます。土地は土地で考えている予算でどんな土地が買えるのか?を見ていく必要がありますが、並行して建物も自分たちが希望している建物がどのくらいの予算で建てられるのか、ある程度押さえておく必要があります。

不動産購入と資金計画、住宅ローンはすべてリンクしているので、一緒に考えていかなければならないのです。このお話はブログでも何度か書いているような気がしますが、建物の事を考えないで土地を買ってしまう人がたまにいるので、くどいようですがくれぐれもご注意ください。

それにしても今日は慌しい一日でした。午前中の打合せの後は町田市の中古戸建で既存住宅瑕疵保険の再検査の立会いでした。床のレベルを再検査されたのですが、特に指摘事項にはならなかったようで一安心です。その後も現場の確認から打合せと動きっぱなしでした。

夜、お客様宅から事務所に戻るときにこどもの国あたりで花火が上がっているのをみて、ようやく一息付くことができました。そういえば今年の夏は花火を見ていなかったので、ほんの少しですが日本の夏を感じることができてよかったです。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

BUILTLOGICさん設計の新築注文住宅・店舗オープンハウス


こんにちは。代表の田尻です。

今日はよく土地探しでご一緒させて頂いている横浜・桜木町の設計事務所BUILTLOGICさんが設計された世田谷区の新築注文住宅・長屋+店舗2棟同時のオープンハウスに行ってきました。

BUILTLOGICさんが設計された物件は何度か拝見させて頂いていますが、今回の物件もBUILTLOGICさんのテイストが感じられる物件で外観はガルバリウムでシャープな雰囲気にまとめられ、内装は無垢材を使ったぬくもりのある雰囲気に仕上がっていました。元々古いアパートが建っていた土地のようで、古屋に使われていた建具?が新しい建物の一部に取り入れられていましたが、これがうまく調和して良い感じでした。

デライトフルという工務店さんによる施工で階段の丸みを帯びた手摺など難しそうなところも丁寧に仕上げてありました。デライトフルさんは石黒さんの案件をよく手がけておられますが、やはり設計と施工が良い関係だと建物も良いものになるのでしょうね。

また次回オープンハウス開催の機会があればこちらのブログでもご案内しますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。建築家さんといっても色々なタイプの方がいますが、石黒さんはとても気さくにお話してもらえる建築家さんですので、きっと家づくりの参考になると思いますよ。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

BUILTLOGICさんの新築注文住宅・店舗オープンハウス

こんにちは。代表の田尻です。

今週末の9月9日(土)に世田谷区でBUILTLOGICの石黒さん・有馬さんが設計された新築注文住宅と長屋+店舗のオープンハウスが開催されます。場所は東急大井町線の九品仏駅の近く、商店街に面した場所です。

既存の古い「アパート+店舗」を解体して、「個人住宅」と「長屋+店舗」の2棟を計画されています。長屋は1階に水周りと玄関、2階に寝室とLDK、ペントハウスを設け、ルーフバルコニーに出ることが可能になっており、南に向いたルーフバルコニーからLDKに陽光が入ってくるよう設計されています。また、住宅棟は階段周りを吹き抜けにしたり、漆喰や無垢材を感じる素材でまとめるなど、豊かな場所になるよう検討されています。

今回は2棟まとめてご覧頂くことが可能です。建築家さんが設計した住宅を実際に見ることができる良い機会ですので、ご興味がある方はぜひご参加下さい。

【オープンハウス開催概要】
日時:2017年9月9日(土)10:00-16:00
場所:東京都世田谷区
交通:東急大井町線「九品仏」駅より1~2分程度
設計:BUILTLOGIC 石黒隆康・有馬恭子
施工:デライトフル・小林潤
用途:「個人住宅」及び「長屋+店舗」
構造:木造
規模:2階建
面積:92.02㎡(27.84坪)及び186.95㎡(56.55坪)
■お問合せ■
電話:045-325-9306(BUILTLOGIC)
Mail:takayasu@builtlogic.com

(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/