カテゴリー別アーカイブ: 売却

中古マンション取引で違約解約


こんにちは。代表の田尻です。

先日鴨居のららぽーと付近を通りかかったときにららぽーとに隣接して建っているマンション、パークシティLaLa横浜が目に入りました。ニュースにもなったのでご存知の方も多いと思いますが、建物を支える杭の施工不良やデータ改ざんによって建物が傾いてしまったマンションです。

実はこの傾きが発見される数年前ですが、このマンションの1住戸を所有していたお客様からご売却のご依頼を頂いて、お取引をさせて頂いたことがありました。そんなこともあり、施工不良のニュースが流れたときはびっくりしたものです。先日見たときには建物は覆われていて、いよいよ解体工事に入ったようでした。私がお取引をした建物は傾いていなかったのに全部の棟を取り壊すなんてもったいない気もしますが、やはりお住まいの方は不安ですよね。

このパークシティLaLa横浜の取引は今でも記憶に鮮明に残っています。この売主様はお住替えのご計画で先にご新居を購入頂いていました。ご新居の引渡しが数ヶ月先だったため、その間に売却活動をする流れで計画を立てていました。予定通り、ご希望の価格で買主様が見つかり無事ご契約、後はお引渡しを待つのみ・・・のつもりでした。ところが、お引渡しの1週間前になって突然、買主様が解約の申し出をしてきたのです。

売主様はすでにご新居へのお引越しの準備も進めてしまっています。ご売却ができないとご新居の決済もできません。売主様には何も落ち度は無いのに多額の損害をこうむってしまいます。このような場合は当然、買主様は無傷で契約を解除できるわけではありません。この段階での解約は違約解約となり、売買代金の10~20%という多額の違約金を支払うことになります。このときも紆余曲折はありましたが、しっかりと違約金を支払っていただき、契約を解除することになりました。

その後、住宅ローンを組み換えるなどしてご新居は何とか決済することができ、ご売却の方は新しい買主様も見つかって、無事にお住替えの計画が完了しました。

結果的には違約金分お得にお取引を完了することができて、売主様としては結果オーライとなりましたが、途中は精神的につらい思いをされたと思います。私としても二度と味わいたくない経験です。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/

義父の土地に建てた家の売却


こんにちは。代表の田尻です。
今日は少し涼しいですが、暑くなってきましたね。うちの事務所は冬は寒く、夏は暑いので大変です。

先日久しぶりに以前にお取引きをさせて頂いたお客様からご連絡を頂きました。その方の知り合いでご自宅の売却をしたい方がいるとのこと。

詳しくお話を聞いてみると、その知り合いの方のお父様が所有されている土地に数年前にご夫婦でご新居を建築したようなのですが、離婚することになってしまったので売却を考えているようなのです。奥様の方がお知り合いなので、土地の所有は奥様方のご親族ということになります。建物はご主人の名義になっていて住宅ローンも組まれているようでした。

このようなケースの売却はなかなか難しいですよね。売却しようにも土地は義父の所有ですから義父の承諾が必要になります。建物部分だけ売りたいと思っても借地ですから、思うような金額はつきませんし、いずれにしても義父の承諾は必要になります。

相談に乗ってあげてほしいとお声がけをいただいたので、正式にお話を頂いた際には最善策を考えたいと思いますが、なかなかハードルが高そうな案件です。

結婚当初から離婚のことを考える方はいないでしょうが、上記のようなことになるとなかなか解決しづらいお話になってくるので、家を建てるときには万一の事も踏まえて検討して下さいね。
(T.T)
~アーキプロジェクトでは土地探し・住宅ローン・資金計画の無料相談受付中!~
http://www.archproject.co.jp/